トップページ > フローチャート

フローチャート

あなたのグレアサーフスーツが届くまで

オーダーから仕上がりまで1着1着、職人仕事で作られていきます。

ストレスを感じさせない
ジャストフィットの快適なサーフスーツを生み出すグレアのスーツ作業工程をご紹介します。
高品質スーツを支えるクラフトマンシップ
グレアサーフスーツは1976年の創業以来、すべてのお客様に喜んでいただくため、快適なサーフィンスーツの実現を目指してスーツづくりに取組んできました。お届けする1着のスーツは、お客様の声と長年の経験とたくさんの技術、そして熟練の技が生み出したものです。
いつも、安全と安心を見つめて
サーファーがもしも自分の身体に合っていないスーツを着てサーフィンをした場合に、スーツとしての基本的な役割のひとつ、身体の保護はできますが、保温性や運動性は決して満足できないでしょう。しかもスクイズなどの発生によって不快感を覚えてしまうかもしれません。そうなると、快適なはずのサーフィンライフへの期待を大きく裏切ることにもなりかねません。
グレアでは、スーツを「第2の皮膚」として考え一人ひとりの身体にピッタリとフィットし、着心地がよく、暖かく、動きやすい。そんな快適スーツの実現を目指しています。
すべてのサーファーに、つねに最高のサーフィンライフをお届けするために、いつも、安全と安心を見つめてスーツづくりに取組んでいます。ストレスを感じさせない、まるで着ていることを忘れさせる、そんな快適なスーツで、心からサーフィンを楽しんでいただきたい。
そのために、デザイン、素材、カッティング、縫製、そしてサービスまで、1着のスーツづくりに徹底してこだわっているのです。

グレアサーフスーツができるまで

1.製図
1.製図
CADによるコンピュータ支援設計によって型紙を作成。
型紙供給体制は、製図セクションだけでなく、各専属工場にも同じシステムを配備。
専属スタッフが注文に応じて即座に型紙を起こしていく。

↓

2.CAD
2.CAD
採寸したサイズをプログラム上に当てはめて計算することにより、パーフェクトなオーダー型紙が作成される。

↓

3.素材
3.素材
個々のスーツに求められる条件を最大限に満たす素材を用意。
表生地・裏生地を吟味し、品質管理を徹底し最適な場所に最適な素材が採用される。

↓

4.型紙写し
4.型紙写し
オーダー用紙に従い、適切な生地に型紙が描き写される。
CADで作成された高精度の型紙を写すには、手作業による熟練の技が要求される。

↓

5.裁断
5.裁断
生地にマーキングされたラインに沿ってローラーカッターで裁断される。
断面どうしを貼り合わせる次の作業に影響を及ぼすため、マーキングの工程と同様に、高度な精度と技術が求められる。

↓

6.マークプレス
6.マークプレス
裁断時点でマーク位置に印が入れられ、そこにマークをのせてアイロンプレス機で転写。
アイロンプレス機は一定の温度と圧力と秒数を維持するよう管理され、正確に転写される。

↓

7.副資材縫製
7.副資材縫製
ファスナーやマジックテープなどの副資材を縫いつけていく工程。いったん必要最小限のパーツを取り出して作業する。その縫製したものを通常の工程に戻して作業を続けるため二度手間に見えるが、スーツが形となってからでは縫製できないパーツもあるため、必要かつ重要な作業。

↓

8.塗り・貼り
8.塗り・貼り
裁断されたパーツと副資材縫製されたパーツを合わせ、断面に糊を塗り、貼り合せ、実際のスーツの形にする。
生地の種類に合わせ、ムラなく、素早く、丁寧に断面に筆で糊が塗られる。更に貼り合わせたパーツが剥がれないようにエアニッパーという特殊工具を使い接着箇所の強度を増す。貼り合せでひずみができると本来のシルエットを損ない、また段差ができると次の作業に影響を与えるため、熟練した繊細な技術を要する職人的な作業。

↓

9.第一縫製
9.第一縫製
生地と生地との貼り合せ目をスクイ縫いミシンを使って縫製。
水の浸入を極力防ぐため、表から裏に針や糸が突き抜けることがないよう、表面の素材どうしをすくって縫う。お客様の大切なスーツを生産中に汚さないよう工場内のミシンは全て立って縫製する。縫製として、非常に高度な技術が必要とされ、熟練と呼ばれるまでに最も経験を要する。

↓

10.第二縫製
10.第二縫製
仕上げ工程。折返し(千鳥縫いミシン)、カン止め(カン止めミシン)、パッチ貼りなどが施され、最終的に1着のスーツが完成する。

↓

11.完成品検査
11.完成品検査
オーダー用紙の指示どおりかどうかを確認。生地の種類、カラー、シワの状況、糊がはみ出ていないか、どこかに貼りついたりしていないかといった細部にわたって、出荷前のチェックが行われる。

↓

12.梱包・出荷
12.梱包・出荷
梱包の際、スーツには折り目ひとつもつかないようにエアーパッキンやスーツと同じ素材のプロテクターを要所要所に咬ませていく。梱包はスーツづくりの一連の作業を経験してきた熟練スタッフだけが行う。それは商品の最終チェックマンとして隅々まで入念なチェックをしながら梱包する役割を担うからだ。

▲Top